先輩の声Voice

INTERVIEW03

一人で大きな案件を任された時、お客様と意見を出し合いながら
作り上げたときはとても達成感があります。

営業部 / 平川 航大 / 入社3年目

インタビュー1

Q1社長はあなたにとってどんな人ですか?

社長は、別に普通には話せるんですけど、直接なにか、仕事上で相談することがあまりないので、どんな人?って聞かれても、はっきり言えないんですけど、
自分は入社3年目だから、まだちょっと遠い存在かもしれませんねぇ。。。社長は。。。。会社の象徴?顔かな?兄貴分みたいな感じの人ですかね?副社長は、常に何気なく、会社のことを考えてくれている人。自分から見るとそんな感じの人です。

Q2会社の雰囲気

ONとOFFをしっかり切り替えが出来る人が多い会社だと思います。だいたい2時間で一回休憩があるけど、人それぞれの休憩になって、みんな穏やかに、コーヒー飲んだりしてくつろいでて、笑って話してますけど、休憩が終わって仕事に切り替わったら、さっきまでの笑ってる雰囲気は無くて、厳しくなったりする。僕はこういう雰囲気はきらいじゃないです。

インタビュー2

Q3今の仕事のやりがい、魅力

正直、今は上司のもとで成長中です。早く一人で動けるようになりたいですが、まずはしっかりと成長することが仕事です。それでも昨年は数百万の案件を担当させてもらい、お客様にも工場に来ていただいて、「ああしたい」「こうしよう」と知恵を出し合いながら作っていくやりがいを味わいました。一人で大きな案件を任された時、お客様と意見を出し合いながら作り上げたときはとても達成感があります。
やっぱり、お客さんの言葉から始まったこと、自分たちのイメージから、それが最終的に「カタチ」になった時。
昨年の案件は、上司が変わった時から関わり始めたのですが、遠く九州まで出張に行って、空いたスペースがどんどん、自分たちで作った設備が埋まっていき、最後に動くのは感動しました。

インタビュー3

Q4仕事での一番の失敗談

組付けをやっていて、報告が遅れたとき。図面のミスに気が付いたのに、報告が1日遅れました。その結果、図面修正が遅れて、組付け作業が1日遅れました。悪い報告は特に早くすべきでした。その日に報告していたら、もっと早く対応出来たはずでした。
報連相は大事だと、新入社員研修でも習ったし、これまでも言われていたんですけど、知識として知っているだけで、肌感覚にはなっていなかったんだと思います。
遅れたことで、お客さんに迷惑(納期が遅れる)をかけることはなかったけど、自分がその担当になって、僕の報告の遅れが、みんなに迷惑がかかる。本当に良くないことだと身に染みた感じです。それを上司は指摘してくれました。

Q5真永工業に向いている人は?

決断力?実行力?がある人かなぁ?悩む時間がもったいないじゃないですか。とりあえずやってみよう。失敗を恐れない。今までも、やって結果が間違っていて叱られたことはあるけど、やらずに指示をずっと待っているようなときの方が、もっと叱られた気がします。
あと、想像力が豊かな人、固定概念を覆せる。面白い発想ができる。とかかな?
お客さんへ最もいい形が提案できるように、当たり前に考えるだけじゃなくて、柔軟な考えを持てることがじゃないかと思います。